スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

国縛りの注意点(蜀・漢)

 2013-12-23
所属国(勢力)縛りで気をつけたいポイントを

【漢】
SR騎馬軍団は4勢力の内で最強に値する。それは移動力2以上がある武将が3枚確定していて(R入れていいなら5枚)、
呂姫・貂蝉(騎兵)の移動力は判明していないものの、騎馬軍団で圧倒することも可能。
バランスの良いとされている馬2-槍2-弓1でなくても、馬3-槍2や馬4-槍1といった編成も考えられる。
呂姫を入れれば開始して15秒あれば、呂布(騎兵)の奥義をやや強引気味に入れたり、開始早々何進や華雄の鼓舞を発動させるとも可能。
槍兵はまずまずの強さ。弓が残念なレベル。しかしながら、騎兵で圧倒できるのも漢。

総大将は、以下の4名が候補に上がる
・騎兵の速さを活かす李儒(SR) 
・騎兵の攻撃力アップ、通常奥義で鼓舞をもつ何進
・漢の攻撃力アップできる貂蝉(騎兵)
・開始当初から漢武将の数だけ奥義Ptが貯まっている呂姫


【蜀】
馬超に念願のSRが来たことで、五虎将軍すべてSR。
五虎将軍全員を前線にするなら、総大将は、馬超の速さを活かすためにも趙雲。この場合、陣はコストが許すなら姜維、龐統、諸葛亮の3名から1名選択。
全員前線ということは 騎兵を関羽・馬超。槍兵が張飛・趙雲。弓兵は黄忠。

関銀屏が総大将をする場合は、騎兵が余ってしまうので、父ちゃん(関羽)に陣を守ってもらう。
最前線にノコノコやってきた敵騎兵に趙雲か張飛の奥義を早い時間でぶちかますことも考えられる。馬超がRの場合は鼓舞でいきなりパワーアップが可能。

漢のような騎兵でのゴリ押しではなく、馬超の煽りで出てきた敵武将を張飛・趙雲で受けとめ、黄忠でバックアップ。というのが基本。関銀屏以外の女性陣はことごとく弓兵だが、正直戦力としては物足りない。


魏と呉は明日にします。
だって明日は黄蓋の兵科が発表されるし。
スポンサーサイト
コメント
呂姫は移動2
漢の騎馬軍団マジ恐ろしい。
【2013/12/24 16:35】 | かぜたみ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://aono3gokushi.blog.fc2.com/tb.php/24-993e127c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。