スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

オンライン対戦でチェックするべき武将 10/5版

 2014-10-05
【錬術持ち】
魏:SR槍曹操
呉:SR大喬、SR弓周瑜、SS孫権、SS練師
蜀:関銀屏(コスト20)、SS劉備
漢:馬呂姫、馬沮授、SS貂蝉、SS呂姫
馬:馬諸葛亮、SS馬超
槍:槍孫策、槍黄忠
弓:弓呂布

【天命持ち】 
魏:SS荀彧
呉:SS大虎
蜀:SS甘皇后、SS祝融
漢:SS蔡琰

【仙術持ち】
魏:SS弓曹操
呉:SS陸遜(旧)
蜀:SS諸葛亮
漢:袁姫、三蔵法師

【SS】
<兵科奥義の部>
SS武将なんだから兵科系奥義が強いのは当たり前ということで低ポイントで運用できる武将で厄介な武将を紹介しておく。
厳顔
 たったの3ptで発動可能な直線型弓奥義持ち。3秒のCTがあるのだけが救い。HPも高めの設定で中途半端な属性奥義では倒れない。蜀・弓の錬術デッキ以外でも、総大将が甘皇后or祝融の場合にも気をつけたい。
甘寧
 5ptで発動でき、広範囲の中ダメージ奥義持ち。中ダメージ判定なので、騎兵や弓兵でも結構傷ついてしまう。総大将に大虎がいる場合セットでいることが多い武将でもあり、早めに倒さないと痛い目を見る
丁奉
 厳顔の槍バージョン。幸いHPが少なめなので、それこそ厳顔でぶち抜いておきたい。

<属性奥義の部>
気をつけていないと一気に形勢逆転の危機に
李儒
 奥義が弓兵の通常攻撃よりも広範囲。かつ連発可能。8ptで連発可能というのが李儒の知力の低さを補っている。知力補正が少ないことを祈って倒しに行きたい。もしくは囮の武将で奥義を無駄撃ちさせる手もある。
龐統
 公式スクショを見る限り、SS趙雲の奥義範囲を二回りぐらい大きくした属性系奥義。知力が李儒よりも高いため危険度が更に高い。連発できないのだけが救い。CT20秒
陸遜(旧)
 騎兵で属性系奥義持ち。騎兵なので近づくのはお手の物。龐統をも上回る知力なので焦がされるのは必須。これも連発できないのが救い。CT20秒
馬謖
 イベントSRからの進化であるが、そこそこの知力を持つ武将。奥義昇格している可能性がかなり高い。連発可能。
呂姫
 今回取り上げる要注意人物No.1。李儒よりもかなり知力も高く、李儒と同じ範囲を攻撃できる。移動3。CTは10秒。
陳宮
 龐統と同じ奥義を騎兵で使うことができる。龐統よりも知力が高く、おまけに騎兵なので間合いを一気に詰められてしまう。CTは20秒。

<その他>
馬張遼
 奥義で一定時間無敵になる。総大将をボコられるか陣凸。総大将がSS馬荀彧の場合は特に気をつけておきたい。
劉備(旧)・李広・曹操(弓兵)
 ダウン系の奥義をたったの3ptで解除できるということもあり、ダウン系奥義を決めただけで満足しているレベルでは痛い目を見る。特に劉備(旧)は錬術持ちなので総大将にいる場合、何をされてもおかしくない。
甄皇后
 防御力を下げてくる偽撃転殺の計が厄介。魏軍デッキと弓デッキではSR同様チェックすべき
蔡琰
 漢の弓で虚誘掩殺の計持ち。
小喬・華佗
 愚考破殺の計持ち。属性系奥義で勝負しようと思ったのにorz 小喬は呉や弓デッキ、華佗は漢や馬デッキにいる。
槍張遼、馬趙雲、槍孫堅
 奥義封印が厄介。張遼に関しては総大将でいる場合は、漢以外の武将の攻撃力が大幅アップ。影武者システムで馬SSとの両立が可能になったので厄介さが更にアップ。3人共期間限定なのが救い。
練師
 守舞持ち。呉軍縛りでは奥義昇格なしでも数少ない開幕から発動できるアップ系奥義。偽撃との撃ち合いになる。
【SR】
馬諸葛亮・郭皇后
 攻撃力を下げてくる虚誘掩殺の計が厄介。属性系奥義以外はすべて攻撃力ダウン状態となる。馬諸葛亮が総大将の場合は、陣凸にも気をつける必要がある。
甄皇后・弓張飛
 防御力を下げてくる偽撃転殺の計が厄介。
馬月英(旧)
 本人の兵科は馬だが、奥義は弓のもの(弓術 百花繚乱)になる。範囲も円形であり、槍兵で近づくと餌食になるので騎兵には騎兵で対応したい。極召喚限定だったのが幸い。
馬夏侯惇・馬超(蜀)
 奥義の範囲が広く、複数の弓兵があっという間にやられてしまう可能性をはらむ。
 馬超については影武者システムの登場でR馬超との両立が可能になった。SR同士も両立可能である。
郝昭
 4ptで発動できる捕縛陣が厄介。イベントSRでHPが低いので弓兵で射抜いておきたい。
弓周瑜
 二段ぐらいまでは単なる錬術持ちの認識でいいが、三段以上では奥義昇格してきていると考えておきたい。獅子奮迅の義を発動されると手を付けられなくなる。
槍孟獲
 蜀デッキかつ武で勝負したい時に手っ取り早く群舞効果がほしい時に混じっている。
弓許褚、顔良、槍夏侯惇
 四段以上では奥義昇格してきていると考えておきたい。ちなみに顔良と槍夏侯惇は同じ奥義のSSがいる

【RR】
太史慈・曹仁・魏延
 偽撃転殺の計分の防御低下が自軍にかかるが、群舞の効果を味方に与える。弓呂布が総大将でいずれかの武将がいる時はもれなく武弓系統装備の弓兵が残りを占めていると思った方がいい。太史慈・曹仁は奥義昇格している可能性が高く、開幕から発動されると非常にキツイ。
 太史慈に関しては総大将が弓周瑜の場合にも気をつけたい。呉軍弓兵には攻撃力の高い武将が多いので騎兵ですら集中砲火を受けると生き残れない。
諸葛亮
 奥義昇格MAXになれば5ptで奥義(鼓舞+僧舞効果)が発動できるようになる。槍縛りのデッキでは特に気をつけておきたい。
文醜
 鼓舞持ち。極召喚限定だったのが幸い。槍デッキにいると思われる。
魯粛
 愚考破殺の計持ち。
蔡夫人
 僧舞持ち。これがいるデッキには属性系奥義持ちがいるはずなので、属性系奥義持ちの武将を早めに叩きたい。漢デッキと弓デッキでは要チェック。

【R】
馬超・華雄・徐晃・張郃・曹仁・文醜
 鼓舞持ち。
 開幕虚誘掩殺の計と撃ち合いになるので、負けると奥義Pt無駄遣いという悲惨なことに。
 文醜以外は馬で、文醜は弓。
夏侯氏
 イベントで入手できるRでそこそこの知力を持つ。奥義昇格MAXになっているのがほぼ確定で、3ptでの奥義連発が厄介。 幸いHPが低めの設定なので早めに始末しておきたい武将。
馬岱
 驕兵の計持ち。騎兵であることから比較的運用に余裕のある馬デッキにいる事が多い。
 弓周瑜や周姫などの防御力アップ系奥義を防止するために入れられいる。
 奥義昇格すると2ptで発動可能なことから、再起の計持ちがいても安心してはいけない。解除しては発動されるという不毛な戦いに持ち込まれることも。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://aono3gokushi.blog.fc2.com/tb.php/233-3cdbfadb
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。