スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

現在のデッキ構成

 2013-11-30
現在のデッキ構成

陣武将:諸葛亮(R)
総大将:張角
部隊大将:馬超、荀攸、魏延、程昱

現状、SRは張角だけなので、後はR武将です。


【デッキにいる武将の使い勝手】
諸葛亮(R)
R武将では最もHPと知力に優れます。槍兵、コスト14
奥義は応急処置で、HPが重要だと言われるこのゲームですが、奥義Ptが6必要で回復量が少ないので使い勝手がいいとは言いがたいです。
我が家での問題は、現状のところ昇格が全くできていないところでしょうね。

張角
知力に特化しているSR弓兵。コストは16。知力が高いだけあって、奥義Ptが8必要と言っても、激震の計は一発逆転の力を持ちます。

馬超
錦馬超と讃えられたということもあり、移動は4。移動4というのは、他の武将では呂布にしか設定されていません。
移動力が早いので、敵へ突っ込むスピードも逃げるスピードもとにかく早い。移動力で戦線を変えることができる武将です。
アプリリリース当初はSR武将が弱かったこともあり、Rだけどかなり強いという認識をされていました。
奥義は5Pt消費の鼓舞。自軍の攻撃力をアップしてくれる効果。

荀攸
コストは10とR武将ではもっとも低コストです。
移動が1なので、騎兵としては足が遅いですが、後述する奥義が広範囲。
軍師なのでHPと知力が高めということもあって、奥義で戦線を変えることができる武将。
奥義は5Ptの崖崩しの計で、射程も長いです。
コストの割にパフォーマンスが良い武将と言えます。

魏延
我が家では、Max昇格できている高コストの槍兵がいないということもあり、頑張ってもらっています。
移動が2と他の槍兵・弓兵に少しアドバンテージがありますが、その分HPが少ないという印象です。
奥義は槍術乱舞で、範囲が狭いのは難点ですが、騎兵相手に使うとそこそこダメージが与えられます。
デッキコストが増えてきたら、董卓(槍兵)と入れ替えて、魏延を陣に据える予定。

程昱
女に堕ちた奸雄というイベントで入手できたRで、コストは10。ステータスはR槍兵で最底辺クラス。HPと攻撃力は目をつぶるしかない。移動も1。
しかしながら、3ptで使える伏兵がそこそこ便利です。敵の防御力ダウン効果を持つので、近づいてきた騎兵や槍兵を素早く撃破する助けになります。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://aono3gokushi.blog.fc2.com/tb.php/1-2d79c26c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。